title-flow

通関業務フロー

輸入業務の流れ 輸出業務の流れ

輸入するには?

海外から輸入され保税地域に搬入された貨物を、輸入申告を行い、必要な審査や検査を受け、輸入の許可になった後にはじめて貨物を国内に持ち込む事が出来ます。通常、通関業者(乙仲)が輸入者の委託を受け、業務を行います。
輸入業務は、以下に大別されます。

  1. 船舶(または航空機)で海外から輸入された貨物(外国貨物)を、船会社/航空会社やコンソリ業者/NVOCCから受け取る為に必要な業務。
  2. 必要に応じて行う、保税運送(OLT)やデバンニング作業等の保税地域内での作業。
  3. 蔵置場所ごとに管轄の税関に輸入申告し、さらに他法令に関係する貨物であれば、各関係省庁へ申請をする輸入通関許可までの業務。
  4. 輸入許可が下りた貨物(この時点で「内国貨物」となります)を、輸入者の指定する納入先へ配送する業務。

輸入書類と貨物の流れ(海上輸送貨物)

輸入書類と貨物の流れ(海上輸送貨物)

輸出するには?

輸出しようとする国内貨物を保税地域に搬入し、輸出申告を行い、必要な審査や検査を 受け、輸出の許可を受けた後にはじめて貨物を国外にむけて輸送する事が出来ます。輸出申告をするには、通常、通関業者(乙仲)が輸出者の委任を受け、輸出申告及び船積み手続きを行います。

貨物の流れ

書類の流れ