title-flow_yunyu

輸入業務の流れ

輸入業務の流れ 輸出業務の流れ

輸入業務の流れ

通関書類受領

輸入通関に必要な書類を輸入者から入手します。(Commercial Invoice、Packing List、Original B/L、原産地証明書(Form A)、Health Certificate、Phytosanitary Certificate など)。また、船会社から輸入者あてに発行されたArrival Notice(A/N=到着案内)も入手します。A/Nには、到着予定日、貨物の搬入先、貨物の明細等が記載されているほか、海上運賃や諸チャージの請求書も兼ねており、輸入申告に必要な書類の一つです。

書類の内容確認

受注関係書類の受取り

通関担当者は、営業担当者・顧客及び貨物担当者より、受注関係書類及びテーターを受け取り、内容を確認する。書類に不備がある場合には、速やかに営業担当者・顧客及び担当者と連絡をとり、不足書類の追加送付又は正確な書類の再送付を指示・依頼する。

他法令の申請
  1. 通関担当者は、他法令該当貨物の場合には、受注関係書類に基づき関係各省庁に申請を行う。申請に際しては関税関係法令集等の法規・手順を遵守する。
  2. 通関担当者は、NACCSにて貨物情報照会を行い、他法令手続のための貨物の搬入確認をする。
  3. 他法令の申請をした場合は、合格書を取得する。
外部保税蔵置場から自社保税蔵置場に保税運送する場合
  1. 当該業務担当者を選任して、各通関担当者からの依頼の一括処理を行う。
  2. 当該業務担当者は、営業担当者、顧客、貨物担当者と連絡を取り予定オーダー表を作成し、運送業者に指示し配送の手配を依頼する。 また、必要があれば、外部保税蔵置場に対して搬出の予約をする。
  3. 保税運送承認手続 - 通関担当者は、NACCSにて搬出に必要な手続を行い、保税運送承認通知書(OLT)を受け取る。
  4. 搬出手続 - 搬出手続担当者は、DOチームよりDOを受け取り、OLTとDOを外部保税蔵置場に提出し、貨物引き取り書を受領する。

輸入申告

輸入申告事項登録

通関担当者は、受注関係書類に基づきNACCSに輸入申告事項を登録し、輸入申告控を作成する。作成に関しては関税関係法令集等の法規・手順を遵守する。

搬入確認

通関担当は、NACCSにて貨物情報照会を行い貨物の搬入を確認し、輸入申告控を確定する。

通関士による書類審査
  1. 通関担当者は、確定した輸入申告入力控の審査を通関士より受ける。
  2. 通関士は、当該申告に問題がある場合には、直ちに輸入申告入力控の再作成を通関担当者に指示し再審査する。
輸入申告

通関士は、審査が終了した後管轄税関に輸入申告する。

税関による書類審査等

通関担当者は、輸入申告の結果、簡易審査以外となった場合、管轄税関の指示に従い、下記のいずれかの審査を受ける。
1.書類審査  2.検査(検査場、現場又は見本)

関税納付

通関担当者は、税関の審査終了後、営業担当者が作成するテーターに記載、指示した又は顧客より直接指示された下記のいずれかの方法で関税を納付する。

  1. 即納方式:NACCSより発行された納付書に基づき、顧客に連絡し納付する。(MPN による納付を含む)
  2. 延納方式:顧客の個別又は包括延納担保より納付する。
  3. 口座扱い:顧客等の銀行口座より納付する。
輸入許可書の内容確認

通関担当者は、輸入許可書の内容を確認する。内容に誤りがある場合は、法令に従って処理する。

輸入許可の通知
  1. 通関担当者は、顧客別に指定された方法により(電話、FAX、メール、EDI等)輸入許可を通知する。
  2. CY.CFS通関の場合には、通関担当者はDOを確認し、搬出担当に依頼し、輸入許可書とDOをCY又はCFSに提出し、手続をする。

DO交換

貨物を引き取るためには、DO原本発行の場合、船社が発行するDO(Delivery Order)が必要になります。Original B/Lと海上運賃、諸チャージを船会社へ差し入れ(B/Lの提出と費用の支払い)の上、DOと交換します。DO LESSの場合は、基本NACCSで搬出可能表示を確認します。

配送手配

輸入者の指定場所へ貨物を納入するため、コンテナドレージ、トラックなどの配送手配をします。貨物引き取りに際しては、DOと輸入許可通知書をCY/CFSに差し入れる必要が有ります。CY/CFSでは、DOと許可書の明細を確認(対査と言います)した後、該当貨物を搬出します。
倉庫での保管を依頼される場合は、ショートドレージ(CYから保管倉庫までの港頭地区内の距離の短いドレージのこと)、及び、コンテナから貨物を取り出すデバンニング作業の手配も、当社では現業グループと打ち合わせて行っています。

倉入通関とは?

当社では、酒類(ウイスキー、ワインなど)も多数取り扱っています。このような貨物の場合は、コンテナに貨物が入ったままの状態で輸入通関をするのではなく、保税運送(OLT)でコンテナを輸入者指定の倉庫(保税蔵置場)へ運送して、先に倉入れをしてから通関をするのが一般的となっています。この通関形態を倉入通関と言います。

この場合、輸入業務は

  1. 植物防疫検査をCYで受ける。(該当貨物のみ)
  2. 保税運送(OLT)でコンテナを倉庫(保税蔵置場)へ移動。
  3. 当社又は輸入者指定倉庫でデバンニング、個数等確認。
  4. 搬入確認後、輸入申告及び、動物検疫検査の申請、(該当貨物のみ)食品等輸入届出の申請を行う。

という流れになります。
また、港頭地区内で貨物を一時保管する場合は、倉庫(保税蔵置場)でデバンニング作業後に輸入申告をする倉入通関が一般的に行われます。

倉入通関の流れ

倉入通関の流れ