title-flow_yushutsu

輸出業務の流れ

輸入業務の流れ 輸出業務の流れ

輸出手続きの流れを説明致します

通関書類受領

  1. 通輸出者と輸入者にて売買契約を結びます。
  2. 契約に基づいて、船積み期限に間に合うように商品を調達します。
  3. 諸官庁への許可、申請手続。(貨物の種類によっては、税関に輸出申告する前に諸官庁などの承認、許可、検査を必要とする場合があります。)
    ・輸出承認を申請します。(戦略物資、輸出規制品等)
    ・動植物免疫などの法律により許可、承認を必要とする貨物については、所定の手続きをします。
  4. 船積予約(BOOKING)をします。
  5. 海上保険契約を結びます。(CIF契約の場合)
  6. 貨物を保税地域へ搬入します。
    商品は、品質検査、輸出包装後、荷印(SHIPPING MARK)の刷り込みをし、輸出できる状態にして搬入します。
  7. 輸出の通関や本船積み込みまでの手続きは、通常、通関業者(乙仲)が代行して船積手配を行います。
受注関係書類の受取り

通関担当者は、営業担当者. 顧客より受注関係書類及びSIを受け取り、内容を確認する。書類に不備がある場合には、速やかに営業担当者. 顧客と連絡をとり、不足書類の追加送付又は正確な書類の再送付を指示・依頼する。

輸出申告事項登録
  1. 通関書類は、受注関係書類に基づきNACCSに輸出申告事項を登録し、輸出申告入力控を作成する。作成に際しては、関税関係法令集、他法令関係法令集等の法規・手順を遵守する。
  2. 船会社から空コンテナPICKUPオーダーの確認を受け、運送手配を行います。
搬入確認

通関担当者は、NACCSにて貨物情報照会を行い、貨物の搬入を確認し、輸出申告入力控を確定する。

通関士による書類審査
  1. 通関担当者は、確定した輸出申告入力控の審査を通関士より受ける。
  2. 通関士は、当該申告に問題が有る場合には、直ちに輸出申告入力控の再作成を通関担当者に指示し再審査する。
輸出申告

通関士は、審査が終了した後管轄税関に輸出申告する。

輸出許可書の内容の確認

通関担当者は、輸出許可書の内容を確認する。内容に誤りがある場合は、法令に従って処理する。

輸出許可の通知

通関担当者は、営業担当者にSIと共に輸出許可書を渡し及び貨物担当者・保税担当者・倉庫担当者に輸出許可書を渡し、輸出許可を通知する。

  1. 弊社保税蔵置所での輸出申告場合は輸出許可後、貨物は、
    a.コンテナ詰めされてCY へ送られます。
    b.コンテナ1 本分に満たない少量貨物の場合は、他の貨物と混載する為に船会社指定のCFSへ運ばれます。
    c.在来船に積まれる場合は、船積み予定船の入港に合わせて岸壁へトラックで運ばれます。
    (上記の他にも様々な作業形態が有ります。)
  2. 通関業者(乙仲)は船積み書類(D/R, CLP, S/A, ACL等)を作成し船会社へ提出します。
    船積み完了を確認した後、船積み条件に従って海上運賃等を支払い、船荷証券(B/L)を船会社から発行してもらいます。
  3. 輸出者は、貨物の船積みが終わると、輸入者あてにインボイスやB/L-COPYなどの書類を船積通知(SHIPPING ADVICE)として送ります。
  4. 信用状決済による場合は、信用状の条件に従って必要な船積み書類を揃えます。
  5. 輸出者は、船積み書類が完全に揃ったら為替手形と買取依頼書を添付して、取引銀行に買取を依頼し、貨物代金を受領します。
    銀行は、これらの書類が信用状に書かれている条件を満たしていることを確認して買取を行い、手形金額を日本円に換算して支払います。
    輸出者は、船積み後、数日で輸出貨物代金を入手する事ができます。

通関業者の業務

通関業者とは、荷主からの委託を受けて港湾で海運貨物の受け渡しを行う当社のような業者のことを言います。当社ではお客様に代わって輸出通関や外国貿易船への船積み手続きの他、諸申請書類及び船積み書類の作成やB/L 回収などの代行業務も行っております。
また、工場からの引き取りや梱包手配、通関後の船積み手配のほか、現地側での輸入通関及び、輸入者の指定先まで運送手配をする業務(複合一貫輸送)等も地域によって行っております。