title-words/abc

貿易用語・CO資料 abc

A/N(Arrival Notice)= 貨物到着案内書

貨物の運送を引き受けた船会社又はその代理店が、Notify Party(着荷通知先)宛に貨物の到着を通知するための書類。一般的には運賃請求書(Freight Bill)を兼ねることが多い。

B/L(Bill of Lading)= 船荷証券

運送人が荷送人との間に於ける運送契約に基づいて、貨物を受け取り、船積みしたことを証明する書類で、荷送人の請求によって運送人が発行する。
B/Lは次のような性格を有している。
(1)物品の(海上、複合)受取証、運送契約書
(2)貨物の引き渡しに際し必要となる引換証
(3)貿易代金決済の為、荷為替を取り組む場合に必要となる、“荷”を表象する有価証券。

Booking = 船腹予約(船積予約)

船会社、航空会社に貨物の運送依頼の予約をすること。

BP(Before Permit)= 輸入許可前引取

輸入申告後、許可前に貨物を引き取る制度。税額決定等に日時がかかる場合等に、関税額に相当する担保を提供して貨物の引取の承認を受ける輸入申告手続。

Certificate of Origin = 原産地証明書

貨物の原産国を証明した書類。日本から輸出する場合は、商工会議所で発給を受ける。輸入の場合は、通常、特恵関税の適用を受ける為に必要な証明書を指し、原産国の税関(国によっては、官公署など他の機関の事もある。)が、その物品の輸出の際に発給する。

CFS(Container Freight Station)= コンテナターミナル内に設ける上屋

船会社がLCL貨物をコンテナに詰め、或いはコンテナから取り出す作業を行う場所をいう。即ち、輸出の場合は輸出者から貨物を引き受け、それぞれの仕向け地別にコンテナ内に収納し、また、輸入の場合には混載貨物をコンテナから取り出し、輸入者に引き渡す作業が行われる。CFSに搬入される貨物およびCFSで荷渡しされる貨物をCFS貨物と呼ぶ。

CY(Container Yard)= コンテナヤード

船会社によって指定された港頭地区の場所であって、輸出の場合には実入りコンテナを引き受け、船積みの為に蔵置し、また、輸入の際には船卸しした実入りコンテナを蔵置し、引き渡す施設。

Demurrage = 貨物の保管超過料金

船会社がコンテナや貨物の早期引取りを促すために設定している保管料で、Free Timeの期限内にコンテナや貨物の引き取りがされず、そのままCYやCFSに蔵置された時に発生する保管料のこと。

Detention Charge = コンテナ延滞料金

コンテナをCYから引き取り、Free Timeの期限内にコンテナをCYに返却されなかった場合に発生する料金のこと。

Devanning = デバンニング

コンテナから貨物を取り出す作業のこと。反対にコンテナ内に貨物を詰め込む作業をVanningという。

D/O(Delivery Order)= 荷渡し指図書

船会社が貨物の引き渡しをCYオペレータ、CFSオペレータに指示する書類。貨物の引き渡しは、本来、B/Lと引き換えに行われるべきものであるが、実務上、船会社は荷受人からのB/L提出と引き換えにD/Oを発行交付し、荷受人はこれを提示して貨物の引き渡しを行う。在来船の場合は、D/Oを本船に提出し、貨物の引渡しを受ける。

Drayage = ドレージ

コンテナを陸上輸送すること、又は陸上輸送料のことをいう。(ヨーロッパではHaulageという表現が一般的である。)

EIR(Equipment Interchange Receipt)= 機器受け渡し証

コンテナ物流の場合、船会社が自社の持ち物であるコンテナを荷主に貸し出し、荷物を詰めて輸出入を行っている。その場合に使用される船会社と荷主(実際にはコンテナ運送業者)間で受渡しされるコンテナの外装状態等を記載した証明書のこと。EIRにはそのコンテナを識別する船名、VOY.NO、コンテナNO等色々な記載事項があり、その中にはダメージを記載する項目もある。

Endorsement = 裏書

輸出の場合、輸出者がB/Lの裏面にサインすること。この裏書によって譲渡が可能になり、そのB/Lに流通性が出る。B/L ORIGINALが複数部発行された場合にはその内の1枚に裏書されれば残りのB/Lは無効になる。

ETA(Estimated Time of Arrival)= 本船到着予定日

船の入港(到着)予定日のこと。航空業界でも使用されている。

ETD(Estimated Time of Departure)= 本船出向予定日

船の出港(出発)予定日のこと。航空業界でも使用されている。

FCL貨物(Full Container Load 貨物)= コンテナ単位の貨物

コンテナ1本を単位として運送される大口貨物をいう。これに対し、コンテナ1本に満たない小口貨物をLCL貨物と呼んでいる。

Form A = 一般特恵関税制度原産地証明書の様式A

貨物の原産国を証明した原産地証明書の様式のひとつ。輸入の場合、特恵関税の適用を受ける為に必要な証明書で、原産国の税関(国によっては、官公署など他の機関の事もある)がその物品の輸出の際に発給する。

H.S.CODE= 国際統一商品分類システム

H.S.CODE(Harmonized code(harmonized Commodity Description and Coding System))
ハーモナイズド・コード、Harmonized System(HS)ともいう。国際貿易商品の名称及び分類を世界的に統一した6桁の品目表で、関税及び統計等に関して世界の主要国に於いて使用されている。

H.S.CODEを、簡単検索
株式会社ワッグワック:https://hs-coder.com

Incoterms(International Commercial Terms)= インコタームズ

インコタームズは、正式には、”International Rules for the Interpretations of Trade Terms”即ち、”(国際商業会議所(ICC)が制定した)貿易取引条件の解釈に関する国際規則”のこと。インコタームズは、国際貿易取引における売り主/買い主間の様々なトラブル(費用の負担、事故発生時の責任など)を回避するための、標準的な取引条件と、その条件の意味・解釈を定めている。最新版は「Incoterms2000(年版)」であるが、 今なお実務上では1990年版、及びそれ以前からの伝統的取引条件である、FOB、C&F、CIFが圧倒的に使われている。なお、正式に2000年版に準拠する場合は関係書類に「Incoterms2000 FOB Nagoya」などと記載されていなければならない。 以下に、「Incoterms2000」が規定する4種類13項目の取引条件を示す。

Incoterms2000 取引条件

  類型 ※注 略称 取引条件  
出荷場所渡し系統 出荷条件
【E 類型】
EXW Ex Works 出荷工場渡し
本船渡し系統 主要輸送費抜き条件
【F 類型】
FCA Free Carrier 出荷地運送人渡し
FAS Free Alongside
Ship
本船船側渡し
FOB Free On Board 本船積込渡し
運賃込
本船渡し系統
主要輸送費込条件
【C 類型】
CFR Cost and Freight 運賃込
(本船積込渡し)
CIF Cost Insurance and
Freight
運賃・保険料込
(本船積込渡し)
CPT Carriage Paid To 輸送費込
(運送人渡し)
CIP Carriage and
Insurance Paid To
輸送費・保険料込
(運送人渡し)
仕向地渡し系統 到着条件
【D 類型】
DAF Delivered At
Frontier
国境持込渡し
DES Delivered Ex Ship 仕向港本船持込渡し
DEQ Delivered Ex Quay 仕向港埠頭持込渡し
DDU Delivered Duty
Unpaid
仕向地持込渡し 
関税買い主負担
(関税抜き)
DDP Delivered Duty
Paid
仕向地持込渡し 
関税売り主負担
(関税込み)

※注
【E 類型】・・・ 売主が自身の施設(工場・倉庫等)で買主によって指定された運送人に物品を引き渡すことまでが義務である。運送費と保険料は買主負担となる。
【F 類型】・・・ 売主が買主によって指定された運送人に物品を引き渡すことまでが義務である。運送費と保険料は買主負担となる。
【C 類型】・・・ 売主が運送契約を締結し、指定された運送人に物品を引き渡すことまでが義務である。運送費又は保険料は売主負担となる。船積後又は運送人への引き渡し後の危険と追加費用は負担しない。
【D 類型】・・・ 売主が物品を仕向地又は仕向港の所定の場所で買主に引き渡すことまでが義務である。輸送するのに必要な一切の費用と保険料は売主負担となる。

L/G(Letter of Guarantee)= 保証状

一般的には、輸入において、ORIGINAL B/Lが未着で貨物の引き取りが出来ない場合に、B/Lの代わりに船社に差し入れる保証状のことを指すことが多い。通常は銀行が連帯保証人になった “BANK L/G” を差し入れる。

Manifest = 積荷目録

本船に船積みされている貨物の明細書で、船名、積地、揚地、B/L NO. 個数、荷姿、重量、容積などが記載されている。積地で船会社が作成し、揚地の代理店へ渡す。揚地では、これに基づいて揚げ荷の明細を確認し、税関にマニフェストを提出する。LCLの場合は、コンテナにバンニングされている小口貨物の明細となる。輸入申告はマニフェストが税関に提出された後に行われる。

NACCS(通関情報処理システム)

NACCSとは、Nippon Automated Cargo Clearance Systemの略称で、国際運送貨物に係る税関手続き、その他の国際貨物業務を、迅速かつ的確に処理するために稼動を開始した電算処理システムです。
本システムの運営・管理の業務を行う運営体として設立された財務省の認可法人であるNACCSセンター(通関情報処理センター)のホストコンピュータと、税関、通関業者、船会社、その他利用者事務所の端末コンピュータをリンクさせ、通関業務、保税業務等をおこないます。
海上貨物輸入を例に取りますと、外国貿易船入港時の入港届や積荷目録の提出、貨物の搬出入情報、保税運送、輸入申告、口座振替による関税・消費税の納税、厚生労働省や農林水産省への法令手続等のデータを共有化することにより、多様な業務を迅速に処理しており、税関、通関業者をはじめ、船会社、船舶代理店、コンテナヤード、保税蔵置場、銀行を利用者とした、総合的なデータ処理システムです。

OLT((Bonded)Overland Transport)= 保税陸上運送

日本国内の保税運送の一種で、外国貨物を指定保税地域から指定保税地域まで陸上運送することをいう。

Phytosanitary Certificate = 植物検疫証明書

輸出国植物検疫機関が発行する検査証明書で、輸出者が輸出に際して取得し、輸入者あてに送付する。検査の結果、植物及びその容器包装に検疫有害動植物が付着していない旨を記載したもので、輸入者はこの証明書を添付して植物検疫所に植物検疫検査を申請する。

Shoring = ショアリング

木材や角材などを使って、貨物がコンテナの中で動かないように固定(又は固縛)すること。

XD(X(Cross)Docking)= クロス・ドッキング

物流センター業務において、複数の仕入先からの入庫貨物を在庫させる事なく、複数の配送先に交差・振り分け出荷する手法。多くの仕入先がそれぞれの出荷先に個別配送していれば、荷受けの手間やトラックの台数も多くなり、必要な時に入荷することも難しくなる。これらの課題を解決するため、複数の仕入先からの種々の貨物を物流センターにて出荷先毎に取りまとめて集約配送する手法が考え出された。これがクロス・ドッキングである。この方式の実現のためには、メーカーへの発注やその入庫予定、出荷先からの配送オーダーが正確に把握・マッチングできるシステムや、貨物の仕分け管理など高度な業務遂行機能が必要に。

YAS(Yen Appreciation Surcharge)= 円高損失補填料金

アジア関係同盟 ・協定がCAFに替えて導入した料金で、急激な円高による損失を補填するための割増料金のこと。指定された期間の平均為替相場が1ドル(US$)120円を超えた円高になった場合に課金される。