title-words/ka

貿易用語・CO資料 か行

貨物到着案内書 = A/N(Arrival Notice)

貨物の運送を引き受けた船会社又はその代理店が、Notify Party(着荷通知先)宛に貨物の到着を通知するための書類。一般的には運賃請求書(Freight Bill)を兼ねることが多い。

貨物の保管超過料金 = Demurrage

船会社がコンテナや貨物の早期引取りを促すために設定している保管料で、Free Timeの期限内にコンテナや貨物の引き取りがされず、そのままCYやCFSに蔵置された時に発生する保管料のこと。

関税割当=TARIFF QUOTA

特定貨物の輸入に当たって、一定数量までは低い関税率を適用し、それを超過する数量についてはより高い関税率を適用するという二重税率制をいう。

機器受け渡し証 = EIR(Equipment Interchange Receipt)

コンテナ物流の場合、船会社が自社の持ち物であるコンテナを荷主に貸し出し、荷物を詰めて輸出入を行っている。その場合に使用される船会社と荷主(実際にはコンテナ運送業者)間で受渡しされるコンテナの外装状態等を記載した証明書のこと。 EIRにはそのコンテナを識別する船名、VOY.NO、コンテナNO等色々な記載事項があり、その中にはダメージを記載する項目もある。

クロス・ドッキング = XD(X(Cross)Docking)

物流センター業務において、複数の仕入先からの入庫貨物を在庫させる事なく、複数の配送先に交差・振り分け出荷する手法。多くの仕入先がそれぞれの出荷先に個別配送していれば、荷受けの手間やトラックの台数も多くなり、必要な時に入荷することも難しくなる。これらの課題を解決するため、複数の仕入先からの種々の貨物を物流センターにて出荷先毎に取りまとめて集約配送する手法が考え出された。 これがクロス・ドッキングである。この方式の実現のためには、メーカーへの発注やその入庫予定、出荷先からの配送オーダーが正確に把握・マッチングできるシステムや、貨物の仕分け管理など高度な業務遂行機能が必要になる。

原産地証明書 = Certificate of Origin

貨物の原産国を証明した書類。日本から輸出する場合は、商工会議所で発給を受ける。輸入の場合は、通常、特恵関税の適用を受ける為に必要な証明書を指し、原産国の税関(国によっては、官公署など他の機関の事もある。)が、その物品の輸出の際に発給する。日本では、UNCTAD(国連貿易開発会議)での合意に基づく国際的に統一された様式“Form A”の原産地証明書以外のものでは特恵税率の適用は受けられない。

参考資料:不備のある原産地証明書等の取扱いについて
参考資料:原産性を判断するための基本的な考え方と整えるべき保存書類の例示(経産HP資料より)

現場検査 = Examination on-the-spot

税関の検査場への搬入が困難又は不適当な貨物について、貨物の蔵置場所に検査官が出張して行う検査をいう。

国際統一商品分類システム = H.S.CODE

H.S.CODE(Harmonized code(harmonized Commodity Description and Coding System))
ハーモナイズド・コード、Harmonized System(HS)ともいう。国際貿易商品の名称及び分類を世界的に統一した6桁の品目表で、関税及び統計等に関して世界の主要国に於いて使用されている。

コンテナ延滞料金 = Detention Charge

コンテナをCYから引き取り、Free Timeの期限内にコンテナをCYに返却されなかった場合に発生する料金のこと。

コンテナターミナル内に設ける上屋 = CFS(Container Freight Station)

船会社がLCL貨物をコンテナに詰め、或いはコンテナから取り出す作業を行う場所をいう。即ち、輸出の場合は輸出者から貨物を引き受け、それぞれの仕向け地別にコンテナ内に収納し、また、輸入の場合には混載貨物をコンテナから取り出し、輸入者に引き渡す作業が行われる。CFSに搬入される貨物およびCFSで荷渡しされる貨物をCFS貨物と呼ぶ。

コンテナ単位の貨物 = FCL 貨物(Full Container Load 貨物)

コンテナ1本を単位として運送される大口貨物をいう。これに対し、コンテナ1本に満たない小口貨物をLCL貨物と呼んでいる。

コンテナヤード = CY(Container Yard)

船会社によって指定された港頭地区の場所であって、輸出の場合には実入りコンテナを引き受け、船積みの為に蔵置し、また、輸入の際には船卸しした実入りコンテナを蔵置し、引き渡す施設。