title-words/ta

貿易用語・CO資料 た行

通関情報処理システム = NACCS

NACCSとは、Nippon Automated Cargo Clearance Systemの略称で、国際運送貨物に係る税関手続き、その他の国際貨物業務を、迅速かつ的確に処理するために稼動を開始した電算処理システムです。 本システムの運営・管理の業務を行う運営体として設立された財務省の認可法人であるNACCSセンター(通関情報処理センター)のホストコンピュータと、税関、通関業者、船会社、その他利用者事務所の端末コンピュータをリンクさせ、通関業務、保税業務等をおこないます。 海上貨物輸入を例に取りますと、外国貿易船入港時の入港届や積荷目録の提出、貨物の搬出入情報、保税運送、輸入申告、口座振替による関税・消費税の納税、厚生労働省や農林水産省への法令手続等のデータを共有化することにより、多様な業務を迅速に処理しており、税関、通関業者をはじめ、船会社、船舶代理店、コンテナヤード、保税蔵置場、銀行を利用者とした、総合的なデータ処理システムです。

積荷目録 = Manifest

本船に船積みされている貨物の明細書で、船名、積地、揚地、B/L NO. 個数、荷姿、重量、容積などが記載されている。積地で船会社が作成し、揚地の代理店へ渡す。 揚地では、これに基づいて揚げ荷の明細を確認し、税関にマニフェストを提出する。 LCLの場合は、コンテナにバンニングされている小口貨物の明細となる。輸入申告はマニフェストが税関に提出された後に行われる。

デバンニング = Devanning

コンテナから貨物を取り出す作業のこと。反対にコンテナ内に貨物を詰め込む作業をVanningという。

ドレージ = Drayage

コンテナを陸上輸送すること、又は陸上輸送料のことをいう。(ヨーロッパではHaulageという表現が一般的である。)